お城を通して見る歴史と文化 公益財団法人日本城郭協会の公式ホームページです。

スタンプラリー注意事項

■始める前に準備するもの
 スタンプは特製の公式スタンプ帳に押印したものでなければなりません。私製スタンプ帳や市販の集印帳に押したものは認定されません。

公式スタンプ帳は次のいづれかの方法で入手できます。
1.公益財団法人日本城郭協会の会員になると特製の公式スタンプ帳が一冊贈呈されます。
2.『日本100名城公式ガイドブック/スタンプ帳つき』(学研プラス、1,500円/税抜)を購入
3.『日本100名城に行こう/公式スタンプ帳付き』(学研プラス、571円/税抜))を購入

日本100名城に公式スタンプ帳は置いてありません。必ず事前にご用意ください。

■スタンプはご自身で押印
1.公式スタンプ帳の各城郭の枠に直接押印してください。押印された用紙をスタンプ帳に張ったものは原則無効です。ただし城郭によっては休日等により押印場所が利用できない場合、押印済み用紙を備えていることがあります。その場合は認めます。
2.押印に有効期間はありません。時間をかけてゆっくりお回りください。
3.ガイドブックに書いてあっても休日や開場時間が変更されている場合があります。土日祭日は押印が出来ない場合や別の場所になる城郭もあります。訪問される前に電話などでご確認されることをお勧めします。
4.スタンプを安全に管理するため、押印場所が見学有料地域にある場合があります。各城郭の指示に従ってください。

※スタンプを押し間違えた時の対処法はこちらから。

■登城認定を受けるには
押印したスタンプ帳を当協会事務局までお送りください。内容精査の上、登城順位と認定印を押印して返送いたします。大切なスタンプ帳です。比較的費用が押さえられて、なお問い合わせが可能なレターパックでお願いしています。

■登城順位 
スタンプ帳が事務局に到着した順に登録いたします。特定の数字(順位)をご希望されても対応できかねますので、ご了承願います。

■同伴者の認定
原則としてスタンプ帳1冊につき、そのスタンプ帳の持ち主のみ認定の対象となります。ただしご夫婦、ご家族等、常時ご一緒に回られたことが明確な場合、同伴者と一緒に認定します。この場合認定番号はひとつです。各自それぞれが認証番号を希望される場合、ひとりづつスタンプ帳を持参されることをお勧めします。

■登城達成記念の盾
日本100名城、続日本100名城登城の記念として当協会に寄附された方を対象にお名前、認証番号を記した特製の盾を贈呈しています。あくまでもご寄附に対するお礼としてお贈りするもので、盾だけを販売することはできません。詳細はスタンプ帳を返送する際に添付する書類に明記されていますので、参照願います。

■気をつけたいこと
友人の代理で押印したり、複数のスタンプ帳を大量に持参して押印することは城郭管理者だけでなく、押印を希望する他の方にも迷惑となります。ほとんどの城郭がスタンプを一個しか置いていません。
何とかしてスタンプを押そう、と焦るためにお城側に迷惑がかかるケースもあります。各お城の好意でスタンプを置いてもらっています。24時間いつでも押せるものではないことを忘れないでください。特に営業時間外に訪問して押印を要求することは控えて下さい。
いろいろなスタンプを一緒に置いてある城もたくさんあります。間違えて100名城と関係のないスタンプを押すことがないよう、注意が必要です。「日本100名城」「続日本100名城」のスタンプであることをご確認のうえ、押印されることをお勧めいたします。

城は街の中にあるとは限りません。郊外にあったり山の中にあったりします。ようやく探し当てて着いたと思ったらスタンプが片付けられていて押せなかった、という場合もあります。あらかじめスタンプのおいてある場所、時間をもう一度確認してください。それでは皆さんの旅立ちが、新しい出会いと楽しい発見の旅になることを願ってやみません。お気をつけて、行ってらっしゃい!

注:スタンプ設置場所について
日本100名城の公式ガイドブックに記載の「関連施設」はスタンプ設置場所ではない場合があります。ご注意ください。

注:地方版のスタンプラリーについて
地方版のスタンプラリーは専用の台紙でないと認定出来ません。
日本100名城用のスタンプ帳では地方版として認定する事は出来ません。
地方版の台紙は現在一般には配布しておりません。
地方版のスタンプラリーは現在も当協会に送付いただければ認定しております。

スタンプラリー

PAGETOP
Copyright © 公益財団法人日本城郭協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.